当院のこだわり

巣鴨北口駅前中村眼科では、患者さんの状況を正確に把握するため、また検査や手術時の精神的および身体的ストレスをなるべく少なくできるように、取り組みを行っております。
その一例として、さまざまな最新機器を導入しております。



電子カルテ 「NAVIS-CL」
電子カルテ
電子カルテ
 

受付から診療・会計まで、一貫した情報管理により、患者様の待ち時間軽減が可能です。
デジタル保存のため劣化がなく、長期の保存に適します。
長期にわたり進行していく病気などに威力を発揮します。
多彩な解析機能により、多くの有用な情報を得ることが可能です。


視野検査機器「HFA3」
HFA3
HFA3
 

視野検査とはある一点を見た時に周囲に見える視界の広さと欠損部分を見つけるための検査です。
光の出る場所は動かないため「静的視野検査」と呼ばれ、決まった範囲内での網膜の光感度を測定します。
視野(見える範囲)が正常であるか、狭くなっていないかを検査します。
様々な位置に明るさの違う光が出るので、光が見えたらブザーを押していただきます。

主に中心部の視野(30度以内)を詳しく知ることが出来、視野の異常をみることで、緑内障の有無やその進行状況などを確認してします。また脳の疾患や視神経の病気の発見にも有効な場合があります。


手術台「DR-140」
手術用イス
手術用イス
 

手術時に患者様に乗っていただく手術台です。
患者様の緊張感や不安感がより少ないように進化した椅子型手術台です。
身長に合わせて背もたれと枕が上下にスライドし、小柄な患者様から大柄の患者様までフィット出来ます。
座るだけで仰臥位が取れるように自動でベッド状態になり、手術終了時もゆっくりと座位がとれるように自動で起き上がります。
また、ベッド状態は人体形状に近いので患者様への負担が少ないです。


省スペース視力表「SSC-370」
視力表
視力表
 

眼科検査に欠かせない視力検査をおこなう装置です。
設置距離0.9Mで、5M視力検査が可能です。
多彩なチャート表示で、様々な視機能検査を行うことが可能です。


光干渉断層計「RS-3000Advance」
光干渉断層計
光干渉断層計
 

高解像度の画像を描出し網膜の形態変化を観察する装置です。
これまで眼底写真などで平面的な情報しか得られなかったものが、網膜の断層を確認できることで三次元的に病態を捉えます。
検査は非侵襲で痛みや眩しさはありません。
検査時間も短時間で終わります。


眼底カメラ「AFC-330」
眼底カメラ
眼底カメラ
 

高解像度の画像を描出し網膜の形態変化を観察する装置です。
これまで眼底写真などで平面的な情報しか得られなかったものが、網膜の断層を確認できることで三次元的に病態を捉えます。
検査は非侵襲で痛みや眩しさはありません。
検査時間も短時間で終わります。


超音波白内障手術装置「CENTURION VISION SYSTEM」
白内障手術装置
白内障手術装置
 

最先端かつ高視能な白内障手術専門装置です。
先進的なテクノロジーを駆使したパフォーマンスで理想的な手術が可能で、患者様の負担が軽減できます。
当医院は世界でもまだ数少ない最新のバージョン(Active Sentry)が導入されています

巣鴨北口駅前中村眼科